人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

タロットとの出会い
私は小さい頃から今に至るまで神秘的なものに惹かれてきた。
海、自然の絶景、遺跡、神話、神仏像、宇宙、心、哲学、神秘学、錬金術、催眠術、占い、悟り、量子論…。

そして、タロットもまたどうしようもなく私を魅了した。いや、タロットから全ては始まったのかもしれない。その図像の美しさ、豊富さ、不思議さ、物語性、寓意性。素人なりに占ってみた際の心を見透かされたかのような奇妙な整合感覚。解釈に想像を膨らます遊戯性と興奮。

私が初めて手にしたタロットカードは、ムーンプリンセス妃弥子さんのオリジナルカードだった。最初のカードデッキには「マルセーユ版」か「ライダー版」を、というのが一般的ではあるが、当時はタロットに関して全く知識がなかったので、単にカードの絵柄の好き嫌いだけで選んだものだ。今では占いに使うことはほとんどないが、絵柄の好みで選んだだけに今でもお気に入りのデッキの一つ。ざっと見渡してみてもオシャレ度・センスでいったらかなり上位にランクすると思う。

その後、知識欲に駆られてタロットに関する書物を探して少~しずつ勉強してきた。しかし、書店に売っている本のほとんどが通俗的な占いの方法についてのものばかりで、専門書は都心の大型書店に行かなければなく(今ではネットで買えるが)、更にはとにもかくにも値段が高い!のが貧乏人の私には辛いやねぇ。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。