人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

電車男(2005年)
電車内で絡む酔っ払いから女性を助けた、ひとりのアキバ系ヲタ青年。彼女いない歴=年齢の彼は、助けたお礼を送ってくれた彼女をデートに誘うべく、モテない独身男達が集うネットの掲示板に助けを求める。「電車男」は果たして彼女に告白できるのか? 

原作(まとめサイト)を既に読んでいて内容を知っていた為、ほとんど期待していなかったのだが(読んだ時には不覚にも泣いてしまったのだけれども)、映画も人生も期待しないでいる方が大概感動を味わえるようだ。
思い返せば、人から「最高!」「泣ける!」と聞かされて観た映画(「タイタニック」「ショーシャンクの空に」「ライフ・イズ・ビューティフル」など)はどれも泣けなかった。単なる天邪鬼?

「努力、友情、勝利」という、まるで少年ジャンプのような単純明快なストーリー。
だが、人生とはえてしてそんなものである。振り返ってみれば単純明快。
「そうか、そういうことだったのか!」で解決なのです。
それを複雑にしているのは自分自身。妄想膨らむ頭の中。結果を気にして試行錯誤。
だけど結局人生を変えることの出来るのは、いつだって最初の第一歩を踏み出す小さな「勇気」だけなんだね。
そして、その勇気を与えてくれるのは・・・

「忘れるな、お前には俺たちがついている!」 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。