人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

自分という名の鳥かご

アインシュタイン
「人間の真の価値は、おもに自己からの解放の度合いによって決まる」

『アインシュタイン150の言葉』


「相対性理論」でそれまでの時空の常識(固定観念)を打ち破った20世紀の天才科学者(彼自身は「私は天才ではない。ただ人より長く問題とつき合っているだけだ」などと言っていますが)。
彼の言葉を見ていると、「科学と宗教は対立する」などという一般常識なんぞ恥ずかしくて口に出来なくなってくる。
一つのことに真に打ち込んだ者には自ずと宗教的な眼が開かれてくるのだろう。

「自己からの解放」というのは、分かりやすく言えば「自己中心性からの脱却」だ。
日常的な観点においても「自己中」な人は嫌われるわけであるから、これは誰しも納得できるかと思う。
だが、実際は「自己実現の妙」で触れた言葉たちと同じことを言っている大変宗教的な言葉なのです。
つまり「自己中」というのは、あの人は自己中であの人は自己中でないというような性格の問題ではなくて、人間であれば誰しも抱えている本能だということ。
だから「自分はさほど自己中ではないかなぁ?」なんて思っている人は、おそらく日常では比較的いい人なのかもしれないが、宗教的には重症である。
浄土真宗の親鸞は説いた。自分の自己中に気づいて深く悩む者(=悪人)こそが救われるのだと(悪人正機)。
「私はこのような人間である」「善人であるためには~すべきだ」などと、自己という名の鳥かごに閉じ込められていることに早く気づいて、広大自由な大空へとはばたけ! 
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。