人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

幸福論1
幸せになりたい人は最も幸せから遠い人、というのはどういうことだろうか。

人は自分の欠けているものを求める。パソコンを買ったばかりの人がパソコンを欲しがることはない。
つまり幸せになりたい人=幸せが欠けている人=不幸な人ということだ。
逆に、幸せな人は幸せになりたいなどと思うことはない。
ということは、幸せになりたいならば、幸せになりたいと思ってはいけないということになる。
逆説的だが、不幸だと思った時点で幸せになることは絶対にできないのだ。
無意識の「不幸探し」こそが私たちの幸せを阻んでいたというわけだ。

だったら、自分は不幸だと思わなければいい。
たとえ不運な出来事があったとしても、その中に何か肯定的な面を見つけ出せればいい。
こういう場合、「プラス思考」が役に立つ。訓練が必要だが、身に付けておいて損はない技術だ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。