人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

タロットと魔術
タロット理論の発展において、最も重要な貢献を果たした人物が、19世紀最大の魔術師エリファス・レヴィ(本名アルフォンス=ルイ・コンスタン)である。

開闢紀元1613年、2月24日から、「水星」の天使、学術と言葉の天使、知性と勤労の天使ラファエルの統治が始まる。文字が発明されたのもこの頃である。最初の言語は象形文字を用いた世界共通の文字で、その今日まで残されている記念碑が、エノク、カドモス、トート、パラメデスらの書物、ソロモンが後に取り上げた「カバラ」の小鍵、テラフィム、ウリム、トゥミムらの神秘的書物、『光輝の書(ゾハール)』、ギョーム・ポステルの原初的『創世記』、エゼキエルの不可思議な輪、カバリストたちの「車輪(ロタ)」、魔術師やジプシーたちの間で用いられる「タロット・カード」である。

一冊の本も与えられずに牢屋の中に閉じ込められても、たまたま「タロット」を持ち合わせていて、そしてその使い方を心得てさえいたならば、数年のうちに彼は、宇宙全般にまたがる知識を手に入れて、万事にかんして比類ない理論と尽きない雄弁をもって語れるようになるであろう。


彼の著書『高等魔術の教理と祭儀』の及ぼした影響はタロットだけにとどまらない。ボードレールやランボー、イェイツ、バタイユをはじめとして思想・文学・芸術にまでその影響は広まった。

「魔術」というとテレビゲームの世界の話?と思う人も、また、うさんくさい中世ヨーロッパの非科学的オカルト・迷信であるように思う人もいるかも知れないが、当時においてはそんなにも科学とかけ離れたものであったわけではない。
魔術がたかだか百年ほど前までは当たり前のように研究されていたというのは新鮮な驚きであると同時に、現代の物質偏重を嘆きたくもなる。それとも量子力学あたりが新たな現代魔術の礎となるのだろうか?
20世紀最大の魔術師アレイスター・クロウリーの魔術の定義はこうである。
「意志に従って変化を起こす科学であり技である」

その源流となるのが、18世紀の医学者メスメルの提唱した「動物磁気」である。
宇宙全体に「動物磁気」と名付けられる測定できない微細なエネルギーが浸透しており、すべての事物に対して生命力を与えている源であり、人間の健康も左右している。よって人体の中に浸透しているこのエネルギーを調整することで、あらゆる病を治すことができる。動物磁気は宇宙の星の動きに対応するので、人間の健康を回復するポイントは宇宙のあり方と調和した適切な配置へと催眠によって動物磁気を導くことにあると主張した。
こうした考えに基づくメスメリズムは、当時のパリでは非常に多くの人たちに受け入れられた。
その後メスメリズムは、一方では催眠理論など生理学的メカニズムの研究として抽出され、フロイトの精神分析学へと引き継がれる。
もう一方では心霊主義と結びつき、動物磁気は「星幽光(アストラル・ライト)」という形でレヴィの近代魔術理論としてまとめられていくのである。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
愛情タロットです。検索結果のページを見るとどんな中国語で検索したかがわかります。【青い鳥】解剖ノートさんのタロットと魔術にインスパイアされました。
2005/06/02(木) 16:55:56 | チャイメージ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。