人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

素晴らしき哉、人生!(1946年)
父親の死後、自分の夢を犠牲にしてちっぽけな家業を継ぎ、他人のために尽くす小さな町の不運なジョージは、ある日大金を失い自殺を図る。人生に絶望するジョージの前に天使が現われて、自分の存在しない世界を体験することになる。

「一人の命は大勢の人生に影響してるんだ」
私がいる、ただそれだけのことでこんなにも世界が変わるのか。
物理学のカオス理論に、バタフライ効果という例え話がある。
「北京で今日蝶が羽を動かして空気をそよがせたとすると、来月ニューヨークでの嵐の生じ方に変化がおこる」

メリークリスマス!メリークリスマス!
彼が生きていることの意味を見つけた時、すべてが輝いて見えたことだろう。敵さえも愛しく見えたことだろう。
彼は結果として天使に、そして街の人々に救われた形ではあるが、それは彼が人並み以上に立派な人だったからなのだろうか?善因楽果、悪因苦果。確かにそれも言えるだろう。
しかし本当のところは彼が運命を呪うのではなく、運命を愛したからなのだと思う。
それは何も特別難しいことではない。ただひたむきに人生を生きること、生きることに徹すること。
そう、プールに落ちてなお踊り続けたあの日のように。
ああ、私はいまここにいる!

そして拍手を送りたいのは、玉の輿のチャンスも捨てて、そんな彼を愛し続けるメアリーだ。絶望するジョージに八つ当たりされても一言も文句を言わないのに驚いた。それどころか何も言わず彼の為に街中を走り回る彼女の姿を、是非昨今の女性たち(特に私の妻!)には見習ってもらいたいものだ(あんたもねと言われそうだけど)。
新婚旅行にも行けず、古い廃墟のような空き屋敷を改装しての貧乏な生活。そんな彼女の一番の願い事は愛する人と共にいることだった。ただそれだけだった。それだけだったから彼女は幸せだったのだと思う。何も期待しないこと、それが一番の幸せであることを彼女は無意識に知っていたのだろうか。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは!
まんごーさん、こんにちは!
この映画と、『ショーシャンクの空に』1記事に2作品TBさせてもらいましたので、ご報告します。

私、女なのに、主人公の奥さんのこと全然見ていませんでした。ちょっと、ショック・・・。

また、観てみようと思いマス!
2005/05/08(日) 13:24:59 | URL | ミュー #-[ 編集]
映画の見方
その時の年齢や心境によって、同じ映画を観ても、その見え方って随分変わりますよね。
そして男と女もまた、違う観点で見ているんでしょうね。
2005/05/08(日) 15:59:30 | URL | マンゴー #W8W63bPo[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
心理療法(カウンセリング)を、再開することにしました。何故、心理療法を始めるのデスカ?キッカケの一つは、マンゴーさんに、貰いマシタ。マンゴーさんのレビューされている『ショーシャンクの空に』『素晴らしき哉、人生!』私も、この2作は、観てマス。心打たれる作
2005/05/08(日) 13:17:17 | 脱鬱ブログ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。