人は何の為に生まれ何の為に生きるのだろう……僕とあなたの生きる道。   幸せの秘密を知りたい人は「青い鳥」を、悟りの平安を知りたい人は「黄金の果実」を探してみて下さい。「映画」はネタバレ有、ご注意を。

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-) ▲目次へ

小笠原(父島)
小笠原に行ったのは大学一年生の頃。当時は空港の建設が反対されていた為、延々28時間の長~い船旅でしか行くことの出来ない、日本から最も遠い日本。しかも東京都、憧れの品川ナンバーなんだよね。不思議な感じ。

もちろん島に着けばそんな疑問も疲れも吹っ飛んでしまうほどの青い海、白い砂浜。
ホエールウォッチングでの鯨の塩吹きも迫力だったが、その途中で百頭以上のイルカくん達に囲まれたのには大興奮!あいつらかなりのお調子者で、大きな歓声を挙げると一回転したりムーンサルトを披露してくれるんだ。
一緒の船にいた素潜りのプロの技術には驚いたなぁ。私らが酸素ボンベ着けて潜っているすぐ横で伊勢エビ捕ってやがった。まさにグランブルーの世界だよ。
初めて亀肉を食べた。どんな味かと聞かれても、う~ん、亀の味としか言えない…。

海も良かったが、一番は星空だ。手を伸ばせばすぐ届く所にあった。プロポーズは是非ともここでと思った。これは叶わなかったが。
その道中で光るキノコを見た。太陽系広しと言えども自ら発光できる恒星は太陽だけだ。あの明るい月ですら己一人では輝けない。なのにこんな近くに自ら輝けるものがいた、ということに新鮮な感動を覚えた。
考えてみれば蛍や夜光虫など光る生き物は案外たくさんいる。いのちって凄い。
そして人もまた、大いなるいのちの輝きなのだ!

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。